はじめてのお友だち宅訪問。

Rぴょんが帰宅したのが2時半。
今日は隣のマンションのお友だちと約束したのだという。

5時からバレエだから、何時に帰ってくるの?
と聞いたら、じゃあ4時に帰ってくると。

送りだして、時計見るかなぁ・・・とは思ってたけど、
案の定、4時になっても4時10分になっても帰ってこない。

MぴーもYたんもお散歩にいきたいというので、
うちの鍵をかけて、お出かけ。
その間Rぴょんが帰ってきたら、お友だちのうちに戻るだろうと願いつつ。

5時前に帰宅して、まだ音沙汰なし。
5時過ぎて、ピンポーンとなったので、ついに帰ってきたと思ったら、
一緒に遊んでいたお友だちが立ってた。

「Rちゃんまだ一緒に遊んでていい?」
というので、「自分で考えなさいって言っといて」
と伝えて、ドアを閉めた。小学校2年生にはどうかなぁと自問自答しながら。

6時過ぎ。お友だちのお母さんからお電話いただいた。
夕食一緒に食べていっていいか、というもの。
じゃお願いします、といって、電話を切った。

結局帰ってきたのは7時半。

4時にちゃんと一度帰ってきて、もっと遊んでいいか聞いたらよかったんじゃないの、
と言ったら、時計を全く見てなくて、気づいたら5時だったらしい。

どこをどうしたらいいのかなぁ。
と悩んだ。とりあえず、みまもりケータイ買おうと思った。腕時計も。
昔のママみたいに、子どもたちだけで外にぽーんと遊びにいかせて、
うちで留守番・家事できたら、気持ちはラクなんだけど。ね。
0

    大豆のチリコンカン【給食】

    大豆チリコンカン

    うちに帰ってきて、「今日はとっても美味しいもの食べた!」とRぴょん。
    なに食べたんだろう?と思って、今月の献立をみたら・・・

    「大豆のチリコンカン」

    ・・・なんだそりゃ?
    と思って、グーグルさんに聞いてみたら、
    こんなレシピが。

    写真を見たら、「あーそんなやつ」とRぴょんがいうので、
    今度ぜひ作ってみたいと思います☆
    0

      幼稚園の修了式

      Rぴょん、ついに幼稚園が終わって、4月から小学生。

      小学生?なんのこっちゃ?
      って感じですけれども(笑

      母里ん子(自主保育みたいなグループ)。
      東京の幼稚園。名古屋の幼稚園。
      と、3か所で育ってきた、Rぴょん。

      至らない母をしり目に、ぐんぐん成長されております。
      どんどん自分でやれることが増えて、楽しいらしい。
      自分で考えて、自分で楽しいことができる、
      そして周りの人にもその楽しさを共有できる、
      そんなステキちゃんに、これからもなってほしい☆

      御卒園、おめでとう。
      きっと明日はさすがに、泣いちゃうだろうなぁ。
      0

        雑誌「小学一年生」

        ツイッターで教えて頂いて、
        付録が豪華だというので
        コストパフォーマンスもよさそうなので、
        初めて買ってみた。病院内の売店で。

        はっきりいって、本誌はいらない(爆)
        色づかいといい、内容といい、
        まぁ参考にはなりません)^o^(

        Rぴょんに、たしざんペンケースなる付録を渡してみたところ、
        まあまあな反応。
        足して10になるってだけだけど、
        意外に楽しんでいた。

        ママとしては、ママパパ手帳がなかなか面白い。
        簡単なカレンダーと、学習指導要領のポイント、
        それと各学年でおさえたい項目がかいてある。

        ほかにもドリルや鉛筆などついて、全部で680円、まあまあでしょ?!

        0

          Rぴょん6歳バースデイ。

          ついに、我が家に6歳児が登場したとは・・・
          びっくりです。

          なんか、そもそも「自分に子どもがいて」
          「その子が今度小学生になる」っていうのが
          いまだにナゾな感じなんですけど〜(爆)

          まぁとにかく。
          こんなママのところにきてくれてありがとう、
          というよりありません。
          かなーり、頼りにしております。
          頼りすぎかも。

          もう少し、「まだまだ6歳なんだよね!」と
          甘えさせてあげられる、心の広い母なんかに
          なってみたいものだ。
          0

            ピアノ!

            3歳からピアノを習っている、Rぴょん。
            ・・・といっても、ピアノが「弾ける」というわけでは
            けしてなく。

            うちにもピアノがあるのだが、全く開かれることなく
            ママがときどき童謡をひいたり練習曲をひいたり
            するくらいだった。

            ピアノのレッスンにいって、少しずつ音符の読み方や
            リズムなどを楽しみながら。
            先生も、そんなRぴょんと合わせてくださって、
            好きな楽器をもたせて、先生の弾くピアノに合わせて
            リズムをたたいたり、歌ったり、踊ったり、
            そんな毎週のレッスンだ。

            昨年11月から、長期で長久手を不在にしていた間も、
            ずっと待っていて下さって、ときおりお手紙や
            CDを送ってくださった。
            Rぴょんは、そのCDを毎日のようにかけて、
            毎日踊って歌っていた。
            が、ピアノを練習したいとはいわなかった。

            夏に戻ってきてからは、Rぴょんが知っている曲を
            弾いてみようということで、少しずつ両手を使って
            弾くということをしていたが、いまいち
            音符と実際の音とが結びつかないみたいで、
            やっぱりおうちで弾きたいな〜という感じではなかった。

            しかーし。
            11月末頃から、突然スイッチが入ったみたい。
            とくに、レッスンで弾いた「かぼちゃ」の歌が
            とてもシンプルで、しかも新しくて(童謡ではない)
            なんかスルっと心に入ったらしく。

            お、自分でピアノの蓋をあけてるな、と思ったら、
            唄いながら弾いてるではないか〜

            そしてここ2週間で、つたないながらも
            トトロのメロディを弾いたり、
            他の知っている童謡のメロディを弾いたりしている。
            自分でピアノに向かっている姿をみるのは、
            とても嬉しいものだ♪

            「練習しなさい!!!」と怒鳴るのは、
            とても意味がない、とわかっていても、
            つい親としては習っている以上は練習して
            上手くなってほしいと思う。

            でも、Mぴーが登場して、期待してどんどん
            やらせることも勿論大事だけれど、
            本人のやる気をどう盛り上げるか、
            無理せずに楽しんでやれるようにするか、
            ということがどれだけ大事なのか、
            よく考えるようになった。
            (特に、Mぴーみたいな子は、期待しすぎると
             ほんとにストレスに弱くて発達が退行することも
             多いらしい・・・)

            ありがとね、こんなところも、
            少しずつ学ばせてもらっていますよ、Mぴー☆
            0

              エルコスの祈り

              劇団四季の「エルコスの祈り」に、
              こないだの「アンデルセン」をみにいったメンバー
              (パパ、Rぴょん、IYさま)で
              名古屋の鶴舞公園近くまで遠征♪

              帰ってきたRぴょん、かなーりおもしろかったらしい。
              というか、入り込んでいたらしい。
              ファミリーミュージカルはたいてい、
              最後に歌をみんなで歌ったりするんだけど、
              その歌を口ずさんでたり。

              「エルコスはいなくなっちゃったけど、みんなの
               こころにいるんだってー。神さまみたいな感じ?」

              だってさ。もうすぐ6歳、話すこともなんだか
              グレードアップしたねぇ〜。

              最近、すっかりMぴーの面倒をみてもらっちゃったり、
              幼稚園にもいかれてないし、
              #といってもあちこち遊んで歩いてるわけですが・・・
              自分が楽しむ時間が少なくて悪いなぁ〜と
              思ってたので、
              エルコスのストーリーを追って楽しめる年齢になったんだなー
              と、とても嬉しいママでした(^^
              0

                三日までインフルで休み

                先週は火曜しか幼稚園に行ってないRぴょん。

                今週は明日からまじめに?!登園しようと思ってたら。

                「明日から三日まで閉鎖です」

                だって。

                ハハハ・・・

                奇跡的にまだインフル菌を拾ってない我が家。
                さていつ蔓延するのか、
                母は戦々恐々としてますが、
                予防接種の予約電話も乗り遅れて三人とも
                予約もできずにいる・・・
                さてどうしたもんだか。

                みんな、予防接種解禁日に小児科に電話しまくったりしたんだろうか?
                すっかり乗り遅れてます。
                0

                  ランラン・ランドセル♪

                  ついに来年1年生になるRぴょん。
                  今日はランドセルの出張展示会に行ってきました。
                  といっても、母は行ってないんですけれども。

                  無事、決めてきてくれて、ママの懸案事項が
                  1つ減りました。。。

                  ランドセルなんて、なんでもいいじゃん、
                  とも思うけど、本人が「おお!小学生になるんだ!」と
                  思えるイベントは、あった方がいい気がして。
                  行って頂きました。

                  ランドセル職人が手作りする、土屋鞄のランドセル
                  0

                    ま、いいか。の訓練

                    Rぴょんは、まじめだ。
                    でも、2歳の時にYたんが生まれてなかったら、
                    もっと「まじめ」に育っていたと思う。

                    Yたんはすぐ泣く。ごねる。
                    ママに聞かずに、とりあえずやってみちゃうことも。

                    そんな弟クンを見て、最初Rぴょんは「えーーいいのーーー」と
                    ちょっとカルチャーショックだったみたい。
                    でも、ママのことを絶対だと思わなくなってくれたので、
                    いい影響だったなぁと今では思う。

                    それまで、親子で引きこもり状態だったので、それも
                    よくなかったな〜と思うけど、当時はしょうがなかったな。
                    Yたんの誕生と、その後入れてもらった川崎市麻生区の
                    子育てガイドの作成チームの存在に、気持ち的にはかなり助けられたと思う。

                    最近拝見しているブログで、小学校、中学校になってから、
                    あぁきちんとすることを強要するのはよくないなー
                    自分からやりたい!やってみたい!と思わないと
                    いかんなーー
                    とちょっと反省モード。

                    「怒鳴らない」「なんで○○するのよ!と言わない」
                    を実践中(できてないけど)
                    なんだけど、「ちゃんとしなさい!」というのも、
                    つけくわえなきゃあかんかな・・・

                    あるブログからの引用。小学生のお子さんについて。
                    なんでもきちんとやらなくてはいけないと思い込んでいると言うか、やらずにはいられないので、苦しいと思います。
                    この症状は周りの人たちには理解し難いみたいですね。
                    結局学校に行ってイライラや分かってもらえない辛さ、→衝動性となり又自己評価を下げてしまう。の繰り返しです。
                    今は、まぁいいかが出来る訓練中です。
                    これがとても難しいのですが、少しでも楽にしてあげたいと思っています。
                    0




                      Mixiやってます。

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      新着記事

                      検索窓

                      yupipiにメールする

                      カテゴリー別

                      楽天

                      archives

                      recent comment

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                    • Material by ふわふわ。り
                    • Template by a dear friend