イルカの子、読んでみて〜!

イルカの子(姫野ちとせ) « 絵本 « 本の注文係 « 主婦の友社

まず買う前に中身を見てみたい方はこちら。
全部を読むことができます。
でも、ホンモノの絵本の重み、絵の美しさも、子どもたちに
味わってほしいな。

YouTube - 絵本『イルカの子/ リトルドルフィン』
0

    過去と他人は変えられない。でも未来と自分は変えられる

    子どもと、夫と、親と、義母と、友人と、
    上司と・・・

    誰と話しても、
    「あーなんでうまく伝わらないのかなー」
    「なんかかみあわないんだよなー」
    という時がある。
    そして、それをどうしたらいいんだろう?
    と思っても、その時の会話をやり直せるわけでもなし、
    なかなか「会話が上達する」というのを
    実感するのは難しい。

    昨年末に、「交流分析」というのを知った。
    心理学のカウンセリング手法とかって、
    難しいことが多いし、なんかあきらめてた。

    でも、この「交流分析」、もうちょっと覚えたら
    すごく役に立つ気がして、ときどき気が向いたときに
    サイトを読んだり、本を読んだりしている。

    子育てに活かす交流分析―心地よいコミュニケーションを目指して
    子育てに活かす交流分析―心地よいコミュニケーションを目指して
    繁田 千恵,TAママの会「フィール」

    よく子育てサイトなんかに、
    「こういうときはこういう風に子どもに答えてあげましょう」
    なんてアドバイスが載ってるけど、
    実際にその場(といっても、まったく同じ受け答えが
    できるわけないんだけど)になると、
    すっかり忘れて、頭に血がのぼってたりすると特に、
    あーあ、またあんな風に言わなきゃよかったのに、
    という結果になる。

    そんなとき、少しでも交流分析のことが頭にあると、
    どうしたら、この相手が相手自身のことを肯定し、
    なおかつワタシ自身も肯定できるような状態で
    ハッピーに会話をすることができるのかな?
    と、少しだけ冷静になれる気がする。

    過去と他人は変えられない。でも未来と自分は変えられる
    というのが、交流分析の考え方。
    自分が悪いわけでも、相手が悪いわけでもない。
    気のもちよう次第で、少しずつ自分を肯定できるように
    なりましょう、みたいな(完全に私の意訳だけど)。

    心理テストっぽいのも発見。
    よかったらやってみてー。
    http://www.ops.dti.ne.jp/~iwh/kokoro/ta.htm

    この本はまだ買ってないんだけど、
    次の購入リストに入ってます(笑)
    友人がすごくオススメと言ってました。
    お父さんのための1日10分、本気の子育て
    お父さんのための1日10分、本気の子育て
    松井 直輝
    0

      東野さんの『容疑者Xの献身』映画化

      東野さん本はいくつか映画化されているんだけど。
      どれも観たことがない。

      だいたい、原作本とめっちゃハナシ違うし、
      いいイメージないんだよねぇ、本を映画化するって。

      でも・・・Mixiの東野さんコミュニティでみたら、
      なにやらよくできているらしい。
      今回は東野さんも満足レベルらしい。

      うーん。悩む。
      キャストからして、イメージと違うけど、
      「イメージと違うから見るの迷ったけど、
       見てみたらとってもよかった♪」的なコメントが
      結構多くて、これまた口コミに影響される。。。

      まぁ、映画館にはとてもいけない(子連れじゃねぇ〜)ので
      悩まなくても、どうせすぐには見られないんだけど(爆)
      0

        『クリームきみならできるさ』

        なんかちょっと落ち込んだり、自信がなかったりして
        誰かのひとことがほしいな、なんてときに。
        こんなかわいい本はどうでしょう。

        クリームきみならできるさ クリームきみならできるさ
        クリームきみならできるさ
        宮西 達也

        帯には
        「君が思っているより 君はずっとずっと 素晴らしいんだ」
        とあります。このひとことにつきるよね。
        さぁ、明日からも自分のできる一歩を踏み出そう。

        以前、著者の宮西さんの講演会にいきましたが、
        とーーってもいい方でした♪
        お話も楽しかったです。
        0

          東野さん本『ゲームの名は誘拐』

          明日から夫ちゃんが出張なんで、
          旅のお供に東野さん本をもたせようと思って
          本屋さんに行った。

          ほんとは『白夜行』を買いたかったんだけど、
          本屋になくて、(小さな町の本屋なんで。)
          しかたないのでこの本を買ってみた。

          まだ読んでないから、おもしろいか分からないけど、
          帰ってきたら取り返して読もーっと。

          ゲームの名は誘拐
          ゲームの名は誘拐
          東野 圭吾
          0

            一番最近読んだ東野本。

            東野さんの本の中では、ちょっと異色かも?
            でもやっぱりおもしろい。
            非常勤講師の主人公がつづる、学校を舞台したストーリー。
            もうひとつは、ちょっとシュールな、時にブラックなストーリー。
            読み始めると、一気に時間が経つのはどの東野本も
            同じだけどねー。

            おれは非情勤
            おれは非情勤
            東野 圭吾

            怪しい人びと
            怪しい人びと
            東野 圭吾
            0

              出産後一ヶ月で読みきった。

              出産するまで、本をうだうだ読む暇がなかった。
              あるメルマガに、「冬休みに読みたい本」という
              紹介があり、そのなかにこの本があった。
              大人になって、忙しくしている人こそ読んでみては、
              みたいなコメントに惹かれて、買ってしまった。

              Usedだったけど、すごくきれいな本。
              きっと大事にしまわれていたんだろう。

              1月の中旬に出産した。出産準備のかばんに、
              この本を入れておいた。
              子供が寝てくれるつかの間に、読んでいた。
              #そのヒマに寝ろ、という意見もあったが
              #現実逃避するほうが楽しかったのさ〜
              とにかく物語の中に入り込んでしまうこのおもしろさ。
              ぜひ、この分厚い装丁のものを、読んでみてほしいな。

              ・・・本が余りにもおもしろかったので、
              こわくて映画は見たくないかも。。。でも見てみたい。。

              はてしない物語
              はてしない物語
              ミヒャエル・エンデ, 上田 真而子, 佐藤 真理子, Michael Ende

              0

                1



                Mixiやってます。

                カレンダー

                S M T W T F S
                1234567
                891011121314
                15161718192021
                22232425262728
                293031    
                << October 2017 >>

                新着記事

                検索窓

                yupipiにメールする

                カテゴリー別

                楽天

                archives

                recent comment

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM
              • Material by ふわふわ。り
              • Template by a dear friend